フレッシュミーティングの機能一覧

フレッシュミーティングの機能をまとめました。

<機能一覧>
1リアルタイムで複数人数での意見交換ができる

 誰でも自由に会議室を作成できます。会議室作成者が、メンバーを招集し、メンバーはその会議室で発言できます。
発言はリアルタイムに表示されます。


2発言通知機能

 更新情報があれば、それを知らせしてくれる通知機能も搭載しています。
他の作業をしている途中でも書き込みがあったことが分かるので、
必要な時だけ、確認すればいいので、時間のロスがなくなります。


3議事録が残せる

 議事録には発言内容やファイルはもちろん、発言回数や会議の時間まで、詳細にまとまっています。
テキストファイルにも出力可能でとっても便利。


4検索機能

 会議室の中を指定したキーワードで検索できます。過去にやりとりした情報やファイルまで
検索できるので情報が埋もれたりしません。


5ファイル・URLの添付ができる

 ファイルやURLの添付ができます。全てのやりとりが会議室の中で完結できるため、
資料が分散する心配や探すのに時間がかかることがありません。


6会議室は非公開

 全ての会議室は、会議室を作った人(オーナー)と召集されたメンバーだけの非公開と
なっています。
他の人には、会議室でのやりとりを閲覧されることはありませんので情報漏を
防ぐことができます。


7規模や利用環境に応じた設定

 パフォーマンスチューニングパラメーターの設定が可能です。
利用環境・利用規模にかかわらず快適な設定を選択することができるのが特徴です。

様々な問題解決に役立つフレッシュミーティング

フレッシュミーティングを利用すれば、こんな問題も解決!

・フリーのメッセンジャーを社内で使われているのが心配
フレッシュミーティングは、ブラウザからURLにアクセスすれば、社員全員で共有できるようになります。

メッセンジャーのようにクライアントごとにインストールする手間もなく、
導入時の負担がほとんど掛かりません。 全てのやりとりは社員間だけで行えるので、
情報漏えいの心配も軽減されます。

またフレッシュミーティングには、メッセンジャーのようなチャット機能の他にも、
資料の添付ができたり、やりとりを残しておける議事録機能や、過去のやりとりも探せる検索機能
なども充実してます。



・会議室がなくて困っている

フレッシュミーティングは、サーバーを使用するweb会議システムなので、
会議室のような広いスペースがなくてもパソコンがあれば多数の人と
リアルタイムで会議を開くことができます。



・社内での緊急事態や非常事態に、どこからでも対応できる環境を作りたい

緊急事態や非常事態に、会議室を予約・各部署に連絡・資料の用意などをやっている余裕はないですよね。

緊急事態や非常事態に、迅速に対応するには、各部署や担当者のとの素早く、
正確にコミュニケーションをとることが重要となります。

確実な対応とスピードが非常に大切ですね。

フレッシュミーティングは、ブラウザさえあれば相手が遠隔地にいても素早くコミュニケーションがとれます。

モバイル機能も充実しており、携帯電話からも閲覧や書き込みができるので、緊急時など、どこにいても
迅速な対応が可能です。

フレッシュミーティングのメリット

様々な問題解決に役立つフレッシュミーティング


・フリーのメッセンジャーを社内で使われているのが心配

フレッシュミーティングは、ブラウザからURLにアクセスすれば、社員全員で
共有できるようになります。

メッセンジャーのようにクライアントごとにインストールする手間もなく、
導入時の負担がほとんど掛かりません。
全てのやりとりは社員間だけで行えるので、情報漏えいの心配も軽減されます。

またフレッシュミーティングには、メッセンジャーのようなチャット機能の他にも、
資料の添付ができたり、やりとりを残しておける議事録機能や、
過去のやりとりも探せる検索機能なども充実してます。



・会議室がなくて困っている

フレッシュミーティングは、サーバーを使用するweb会議システムなので、
会議室のような広いスペースがなくてもパソコンがあれば多数の人とリアルタイムで
会議を開くことができます。



・社内での緊急事態や非常事態に、どこからでも対応できる環境を作りたい

緊急事態や非常事態に、会議室を予約・各部署に連絡・資料の用意などを
やっている余裕はないですよね。
緊急事態や非常事態に、迅速に対応するには、各部署や担当者のとの素早く、
正確にコミュニケーションをとることが重要となります。

確実な対応とスピードが非常に大切ですね。

フレッシュミーティングは、ブラウザさえあれば相手が遠隔地にいても素早く
コミュニケーションがとれます。

モバイル機能も充実しており、携帯電話からも閲覧や書き込みができるので、
緊急時など、どこにいても迅速な対応が可能です。

フレッシュミーティングの便利な使い方

フレッシュミーティングは、ブラウザさえがあればすぐその場で会議ができます。
社内利用向けのメッセンジャー型Web会議システムとしてとても便利です。


テレビ会議・電話会議やメッセンジャーのように相手が遠隔地にいても会議ができ、
リアルタイムでコミュニケーションが可能となります。

緊急事態が発生した場合でも情報伝達が確実に行え、社内の意思決定を迅速にします。


フレッシュミーティングは、サーバーにインストールして利用するので、
社内のサーバーやパソコン1台にインストールするだけですぐに始められます。
社内のグループ間だけで利用できるので、情報漏洩の心配もありません。

フレッシュミーティングでは、議題ごとに会議室が作られその中で複数の人同士で
意見交換をすることが可能です。


ファイル・データなど添付も可能なので、重要な事項についてしっかりコミュニケーションが
できます。
会議の内容を議事録としても残せるのも特徴で、メールでのやりとりのように
情報が
埋もれてしまい、どこに行ったかわからない、あるいは探すのに時間がかかると
いったこともありません。

フレッシュミーティングとは?

フレッシュミーティングとはブラウザーに対応したサーバーインストール型の
メッセンジャーシステムです。

フレッシュミーティングの特徴は、会議室を作成して意見交換などがリアルタイムで
行えることです。

社内でのビジネスユースを目的とした新しいコミュニケーション手段として注目されています。


会議室は作成者(権限者)と招集したメンバーだけが利用できるようになっています。

その為、他の利用者には非公開となります。

会議室の中の情報・ファイルを検索する機能・会議室で発言があった場合に更新情報を
通知する機能も用意されています。

そして、更新通知をRSSを利用して受け取る機能も搭載されています。
携帯電話のドコモ、Au、ソフトバンクなどのモバイル環境にも対応してます。


個人情報保護法が施行されてから、社会問題となった企業の情報漏洩を防ぐという
セキュリティの視点からも一般的なメッセンジャーを導入できない企業が増えています。

フレッシュミーティングはサーバーにインストールして利用するので、
社内のイントラネット内のみでメッセージのやりとりが可能となります。

そして、ログもサーバで保管されるので企業などでの会議用途などに活用される
ことが期待されています。